英語、みなさん喋れますか?ようやく日本でも「英語」への取り組みが重要視されてきて、個人的にはホッとするような、まだまだ焦りを感じるような、そんな気分の私です。

 

ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在した経験があるんですが、自分含め、日本人の英語のできなさに愕然としたのです。友達の韓国人やタイ人の子の英語のうまさといったら!自分のことはさておき、日本の将来が不安になりました^^; 

 

私自身、進学校出身で、英語の勉強はしていましたが、「話す」ということが本当にできない!これに関しては確実に、英語で話す環境がないとなかなか難しいです。となると、若いうちに留学するのも一つの手!

 

でも留学ってお金かかりますよね。学費だけじゃなくて、食費や交際費も必ずかかってきますし。裕福な家庭じゃないと、子供を留学させるのは厳しいかなと思ってしまいますよね。私もそう。また、留学したいけど、お金もかかるし、両親には頼めない・・と断念する学生さんもいらっしゃると思います。

 

でもそんなわたくしたちに朗報です!

 

関西外国語大学(以後、関西外大)の「フルスカラシップ」制度を利用すると、関西外大の学費と、その他最小限の追加負担だけで留学ができちゃうんです!

 

子供をもつ親御さんなら気になるはず!ということで、調べてみました!

 

関西外大のフルスカラシップ制度は「給付型」の留学奨学金のこと

「フルスカラシップ」、聞き慣れない言葉ですよね。これは関西外大独自のもので、「給付型」留学奨学金のことを言います。

 

詳しく言いますと、留学先の大学での授業料、住居費、食費が全て免除、または支給されるというかつてない画期的な制度なのです!

 

ただし、留学期間中も、関西外大での授業料、その他納付金は必要となります。要するに、日本で関西外大に通っているのと同じ金額のまま、海外留学できるということ!

 

他府県から関西外大に来ている子達は、普通だと一人暮らしの費用もかかってくるので、ぶっちゃけ留学してしまった方がリーズナブルということに!!!なんてことでしょう!

 

 

フルスカラシップができちゃう秘密は交換留学にあった!

そんなリーズナブルに行けちゃって、留学先は大した大学じゃないんじゃないの!?と思いますよね。思うのが普通です。

 

ノンノン。

 

なんと、カリフォルニア大学や、ニューヨーク州立大学、イスラエルのヘブライ大学など、一流大学も含まれているんです!

 

しかも3年次から2年間留学すれば、関西外大と留学先の大学の両方の卒業資格も取れちゃうんだそう!!

 

関西外大の授業料だけで、2つの大学の卒業資格が取れるだなんて!コスパ最高!!!お母さんも泣いちゃうほどのお得感です!!

 

じゃあなんでそんなことできちゃうのか。それは交換留学だからなんだそう。

「一方的に学生を送り出すのではなく、交換留学だからです。提携先大学に学生を受け入れてもらう代わりに、海外からやってくる留学生の学費や寮費を本学で負担しています」

引用:AERA 2017年8月28号

 

なるほど。持ちつ持たれつの関係だからなんですね!

 

 

同大学は54カ国・地域383の大学と提携し、年間約750人もの交換留学生が来日する。そのほとんどが欧米とオーストラリアを中心とした国々からの受け入れで、キャンパスには留学生があふれる。

引用:AERA 2017年8月28号

 

それだけの大学と提携していれば、個人にあった大学を探すことも可能ですよね。

 

 

フルスカラシップ制度を利用するには条件があります

とはいえ、誰でもフルスカラシップ制度を利用できるのはなく、当然ながら条件があります。まずは成績。

関西外大での成績が「優」であること

TOFELのスコアが530以上であること

以上。

 

え?もっとハードルの高い条件かと思いきや、そうでもない!ましてや、留学を考えている学生さんであれば、そんなに難しくない条件なのではないでしょうか。

 

でもやっぱりこの条件厳しいわ・・という方に、さらに朗報が!!!

 

フルスカラシップ制度の条件に満たない方でも、留学先の学費のみですが免除または支給してくれる「スカラシップ制度」というのもあるんです!諦めないで!!!

 

2016年度、実際にフルスカラシップ制度を利用して留学した学生は約280名。また、スカラシップ制度を利用して留学した学生は約1270名

 

学費免除だけでも、普通の留学に比べると費用は雲泥の差!スカラシップ制度でもとっても魅力的ですよね。

 

 

最後に

このフルスカラシップ制度のことを知っているだけでも、選択肢が増えて、人生が変わるかもしれません。関西外大では毎年約2000名以上が留学しているほどの実績があるので、信頼性も高いですよね。ぜひ参考になさっていただきたいと思います^^

今回もご覧いただきありがとうございました♪