スキージャンプ高梨沙羅の体重が軽すぎて失格というルール解説

スキージャンプ日本代表の高梨沙羅選手が、ノルディックスキーグランプリの女子個人予選において、スキー板の長さの規定違反で失格となりました。高梨沙羅選手はグランプリで個人総合の6連覇を目指していただけにとても残念。そもそも、高梨選手が違反を犯すようなことをするなんて!と驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は今回の規定違反は、スキージャンプにおけるルールと、選手たちが少しでも遠く飛べるようにするための体重管理との間で起こりがちなもので、高梨沙羅選手がドーピングのようなことをしたわけではないんです。どういうことなんでしょうか。調べてみました。

Sponsored Link

スキージャンプにはスキー板の長さのルールあり選手の体重が関係する

スキージャンプ競技をみていて、選手によって板の長さが違うことにお気付きの方もいらっしゃったのではないでしょうか。でもどうやって長さを決めるのか、その辺りは全然わからないですよね。

 

実はスキージャンプは体重が軽い方が有利に働くスポーツ。よくよく考えてみればそうですよね、軽いものの方が重力の力を受けにくくなり浮力が高まります。小柄な日本人選手がスキージャンプで第一線で活躍できるのはそこだったんですね。

 

そしてまた、浮力を高めるには、スキー板は長い方がいいんです。実際、スキージャンプのスキー板は普通のアルペンスキーのものに比べてもだいぶ長いことに気づきます。じゃあみんな長く長くしたくなりますよね、そこでちゃんとしたルールがあるというわけです。

 

使用できるスキーの長さをその人の体重で定めるBMIルールがあります。これは、過剰な減量による選手の健康への弊害を防ぐために定められたルールです。
FIS国際スキー連盟が定める「スキー板の長さと体重の測定表(Measurement table for ski length and weight )」によって、選手が使用できるスキー板の長さが決められています。BMIで算出された数値を基準値とし、身長に対し最大で145%の長さのスキー板を使用することができます。過剰な減量による健康への弊害を防ぐ為、体重が軽い選手はスキー板が短くなるように測定表は設定されています。

引用:ジャンプ雪印メグミルク

 

なるほど。

・体格指数であるBMIの値によって、身長に対するスキー板の長さのパーセンテージが決まる。

・体重が軽い選手はさらに、スキー板が短くなるような測定表がある

ということなんですね。

 

Sponsored Link

高梨沙羅選手のスキー板の長さを計算

では実際に高梨沙羅選手はどれくらいの長さのスキー板を使っているのか、計算してみることにしましょう。

 

高梨沙羅選手の身長は152cm、体重は45kgとされています。

※本来ジャンプ競技の場合は、競技用のスーツとシューズの着用時の体重を計算値としますが、今回は公式に発表されている高梨選手の体重を使って計算します。

 

まずはBMI値(体格指数)の計算です。

体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)= BMI

ですので、

45  ÷  1.52  ÷  1.52  =  19.477…..

 

 

決められているBMIから算出されるスキー板の長さのパーセンテージの表がこちらです。

スーツ、シューズ着用時のBMI 身長に対するスキー板の長さ
21.0 145%
20.5 143%
20.0 141%
19.5 139%
19.0 137%

引用;ジャンプ雪印メグミルク

※こちらの数値は2015−2016シーズンの数値だそうです。

 

高梨選手の場合は19.47ですので、表をみると、身長に対するスキー板の長さのパーセンテージは139%であることがわかります。

 

152cm × 1.39 = 211.28

 

およそ211cmのスキー板を使用することが可能なんですね!

 

ただし、体重が軽い選手はさらにスキー板が短くなるような測定表があるということなので、高梨沙羅選手の体重が軽いと見なされている場合は、もう少しスキー板が短い可能性があります。

高梨沙羅の失格の原因は体重不足

関係者は「思ったより暑くなって想定以上に汗をかき、体重が減ってしまったのではないか」と話した。

引用:朝日新聞

とあるように、今回高梨沙羅選手が失格となった原因は体重不足。試合当日は日差しがきつく、気温も25度を超えていたそう。

 

体重が軽いほど飛距離を伸ばすことができるため、選手たちは日頃から、使う板に応じた制限体重のギリギリで調整をしています。高梨選手も同様です。

 

思わぬ暑さで汗をかき、まさかの体重不足となってしまった高梨沙羅選手。今回のグランプリは残念ですが、来年に迫る平昌オリンピックの前でよかったと思うしかないですね!高梨選手の今後にますます期待していきましょう。

 

 

最後に

今回のことで、意外と知らないスポーツ競技のルールがあることがわかりました。来年の平昌オリンピックに向けて、もっと色々知っておくと、さらにオリンピックを楽しんでみることができるかもしれないですね!

 

今回もご覧いただきありがとうございました^^

Sponsored Link

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*